【簡単5秒!】寝違えの首の痛みを軽減するストレッチ

痛みの改善

福岡市早良区藤崎駅前の北村整体院です。

 

今回は、寝違えの首の痛みを軽減する
ストレッチの方法をご紹介します。

一番下にストレッチ方法を動画で紹介しています。

 

朝起きると、首が痛くて
頭を動かすと首に痛みがある。

 

そんな経験がある方もいらっしゃると思います。

 

 

寝違いで首が痛い

 

 

と言っても、首の痛みの原因は人それぞれで、
症状や痛みの度合いも千差万別です。

 

 

今回のストレッチが有効になる方の症状としては、

  • じっとしている時は痛みを感じない

  • 頭を前後や左右に動かすと首の筋肉に痛みが出る

  • 頭を前後や左右に動かし終えると痛みは治まる

 

上記の様な症状の方はこれから紹介するストレッチをを
試してみてください。

 

 

上記以外の症状で特に以下の様な症状がある方は、
首の筋肉に炎症を起こしていたり、首の骨の間にある
クッション(椎間板)の炎症などが考えられます。

 

  • 起きてじっとしていても首の筋肉に痛みがある(ズキズキする痛み)

  • 頭を後ろに動かす(天井を見る様な動き)と背中や腕に痺れや痛みが出る

  • 手でコップやペンなどを握る時に力が入らない

  • くしゃみや咳をすると首の筋肉が痛む

 

上記の様な症状が出ている時は、首の筋肉を揉み解したり、
ストレッチをすると、症状が悪化する事がありますので、

 

自宅で横になり、安静にして痛みが引くのを待つか
整形外科などを受診して専門医の診断を受けてください。

 

寝違いで起こる首の筋肉の痛みを軽減するストレッチ

 

頭を動かしてどこが痛むのかをチェック!

 

まず最初に確認して欲しい事として、

 

 

頭を動かした時に首のどの辺りが痛むのか?

 

  • 頭を右(左)に向ける時に左右のどちらの首の筋肉が痛むのか?

 

右を向いた時に右側の首の筋肉が痛む場合と
右を向いた時に左側の首の筋肉が痛む場合では
ストレッチの方法が変わって来ます。

 

 

頭を前後に動かす時も同じです。

 

頭を前に倒した時に首の前側の筋肉が痛む場合と
頭を前に倒した時に首の後側の筋肉が痛み場合で
ストレッチのやり方が変わって来ます。

 

 

まずは自分の首のどの辺りが痛むのかをチェックしましょう。

 

 

一番縮む(伸びる)体制から一気に脱力!!

 

 

首の痛む場所が分かったら、痛む動きをチェックします。

 

首の筋肉が縮んだ時に痛むのか?

 

逆に

首の筋肉を伸ばした時に痛むのか?

 

 

首の筋肉を縮めた時に痛む場合は、
首の筋肉が縮みにくくなっています。

 

 

逆に
首の筋肉を伸ばした時に痛む場合は
首の筋肉が伸びにくくなっています。

 

 

 

縮みにくくなっている時は、

 

首の筋肉が一番伸びる方向に頭を持って行き、
しっかり伸ばした後に一気に脱力します。

 

 

伸びにくくなっている時は、

 

 

首の筋肉が一番縮む方向に頭を持って行き、
しっかりと縮めた後に一気に脱力します。

 

 

詳しくはこちらの動画を参考にしてみてください。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました