スポンサーリンク

肩こりと運動不足

肩こりは筋肉が凝り固まっている

肩こりは、 同じ姿勢が長く続くと 肩周辺の筋肉が凝り固まった結果 神経を刺激してコリを感じる様になります。   普段の生活で思い当たる事はありませんか?  
デスクワーク中心で長時間座りっぱなし 通勤は電車やバスで立ちっぱなし 帰宅後はスマホでゲームばかり
などなど。   腕を前に出した姿勢が長時間続くと、 腕の重さを支えている 肩甲骨周辺の筋肉や 首周辺の筋肉は 常に緊張状態 になって筋肉は凝り固まって来ます。   筋肉が凝り固まる=血行が悪くなる   血液の循環が悪くなると、 筋肉は血液から十分な栄養を貰えなくなるので、 疲れが溜まりやすく、疲れが抜けにくい 悪循環が起こって来ます。  

筋肉は動かす事でほぐれる

凝り固まった筋肉は動かす事でほぐす事が可能です。   肩を大きく回す 背伸びをする と言った簡単な体操でも良いですし、   泳いだり、走ったり、テニスをしたりと 適度な運動で全身を動かせば更に効果的です。  

10分程度の運動で肩凝りは予防出来る

筋肉は10分以上動かし続けると、 筋肉の隅々に張り巡らされた 細かい血管(毛細血管)が徐々に開いて来ます。   一度開いた毛細血管は 運動を止めた後でも2~3時間は 開いたままなので、 10分程度の運動でも 2~3時間は血液の循環が良い状態になります。   つまり、 1日10分の運動を数回行えば、   肩こりは予防出来る   のです。  

1日10分の運動をするか、しないかはあなた次第

え!?   10分の運動は長いですか?   10分の運動を 「長い」と感じるか、「短い」と感じるかは あなたの基準次第です。   10分の運動で 肩こりの予防が出来ると聞いて、 「簡単」と思うのか、「面倒くさい」と思うのかも あなたの基準次第です。   肩こりを本当に治したい!!   と真剣に考えていらっしゃるのなら、   まずはやってみる。 やってから考える。   行動しなければ、何も変わりません。 まずは5分の運動から始めてみましょう。      
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする