スポンサーリンク

一日一食でも食べ過ぎは体調不良の原因になる。

一日一食を実践 三十日目

一日一食でも「腹八分」を守らなければ
体調を崩す事を身をもって実感しました。

<<昨日の食事>>

  • 野菜サラダ(キャベツ、きゅうり、おから)

  • 野菜のスープ(さつま芋、カボチャ、コンソメ顆粒)
  • みそ汁(ニンジン、油揚げ、玉ねぎ、しめじ)

  • 玄米チャーハン(玄米と五分つきのハーフ)

  • 甘栗(180g)

  • バナナ3本

  • 甘酒(200ml)

  • サツマイモチップス(1袋)

  • 最中(2個)

完全に食べ過ぎました(笑
前日の日曜日に久し振りに一日二食で外食した事と、
茹であずきで砂糖を摂取した影響なのか?

夕食を食べ出すと止まらなくなり、
夕食を作りながら、バナナを1本食べて、
夕食を家族と一緒に食べていると、

夕食を半分ほど食べた時点で、
既に満腹感があったのですが、

残すのはもったいない。

小さい頃からずっと言われ続けてきた
私の中の固定概念が邪魔をして、
食べる事を止めらない。

料理を準備している時も無意識に

お腹一杯食べたい。

と言う想いがあるので、
ついつい作る量も多くなってしまいます。

夕食を食べ終わった後も、
ダラダラと甘栗やバナナ、甘酒・・・

子供が貰ったお菓子を物色して、
最中とサツマイモチップスに手を出してしまい、

気が付いた時には
お腹はパンパンで、苦しくて
動くのも辛いほど・・・・・。

最近は、食べる量が増えていたのですが、
ここに来て、やらかしちゃいましたね。

お腹が苦しくて、長座布団で横になっていたら、
いつの間にがうたた寝・・・。

夜中の1時に目を覚ますと、
強烈な胃もたれで食べた物が
逆流して来そうになって大変でした。

歯を磨いて、寝室へ行って就寝。
今朝は胃腸は落ち着いていましたが、
大量に食べた分、お腹は少しゆるくなってました。

一日一食でも食べ過ぎは体調を崩す事を
改めて実感しました。

以前、私の食欲を暴走させた原因として、

小麦粉 + 砂糖 + 植物性油脂
の組み合わせ(菓子パンやスナック菓子)
が一番の原因とお伝えしましたが、

糖質 + 植物性油脂
の組み合わせも食欲にスイッチが入るみたいです。

というのも、ここ最近、
玄米をごま油と岩塩で炒める
玄米チャーハンを食べているのですが、

玄米チャーハンにしてから
食べる量が増えているんです。

糖質と油の組み合わせは
食欲を増進させる事は一日一食にする前から
感じていました。

カツ丼や牛丼、カレーと言った、
白米と肉や揚げ物の組み合わせって、
ついつい食べ過ぎてしまいますよね。

やはり、糖質と油の組み合わせは
避けた方が食欲をコントロールしやすいみたいです。

一日一食も4週間が過ぎて、慣れて来た分
食べる量や食べる物が少し乱れて来ました。

車の運転に慣れて来たころに
注意力が散漫になって事故を起こしたり、

筋トレが日課になり、調子に乗ってやり過ぎて
筋肉や関節を痛めたりするのと一緒ですね。

一日一食もここで一旦リセットして、
食事の内容や食べる量を見直して行こうと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする