スポンサーリンク

七号食ダイエット(リセット)三日目終了!体重計に乗る意味って?

七号食ダイエット(リセット)三日目終了
体重計に乗る意味が分からなくなって来ました。

七号食ダイエット(リセット)四日目朝の体重

52.9kg

<<昨日の食事>>

朝:無し

昼:玄米(150g)

夜:玄米(600g)

<<昨日の運動>>

ストレッチ(開脚・肩甲骨はがし)1時間

昨日は仕事が休みだったので、
自転車にも乗らず、ランニングも無し。

それでも体重は前日よりも
300gの減少でした。

皆さんは、何の為に体重計に乗っているのでしょうか?

世間一般に健康を維持するための
身長から導き出された「標準体重」と、
言われるものがあります。

その「標準体重」に近ければ、
健康と判断されて、

「標準体重」から遠ざかれば、
「虚弱体質」や「成人病予備軍」などと
「不健康」のラベルを貼られてしまいます。

でも、よくよく考えると、この「標準体重」って、
他人が決めた勝手な基準なんですよね。

「標準体重」より痩せていても、太っていても
健康に何の問題もなく、毎日元気に過ごしている人は
沢山居ます。

逆に「標準体重」の範囲内に収まっているにも関わらず
体や心に色んな痛みや悩みを抱えていて、
苦しんでいる人も沢山いる訳です。

そう考えた時に・・・・

あれ?体重計に乗る意味ってあんまり無いんじゃない???

って、急に思ってしまいました。

自分の体調が良いのか、悪いのかを決めるのは、
「体重」ではなくて、自分の「感覚」なんだなと。

むしろ、体重計に乗って、数字を見る事が
自分を「不健康」へ追い込んでいる気すらして来ました。

「ヤバイ!体重が増えてる。習慣病になるかもしれない。」

「ヤバイ!体重が減ってる。胃腸が悪いのかもしれない。」

「標準体重」と自分の体重を照らし合わせる事で
自分の食生活を評価して、一喜一憂している事が
健康への不安を助長している原因になっているのではないでしょうか?

大切なのは、朝起きて体重を計る事ではなく、
朝起きた時からの体調を感じる事ではないですか?

今日は何となく、胃が重たいな・・・。
と感じれば、食事の量を控えたり、
胃腸に負担のかかる様な料理は避ける。

逆に胃腸の調子も良く、精力的に活動出来て
お腹が空けば、美味しいものを食べ過ぎない様に
楽しんで食べる。

朝起きて、体調が良いと感じていたのに、
体重計に乗ってみて、「標準体重」を上回っていれば、

「ヤバイ!体重が増えてる!!」

と、一気に気分は落ち込んで、
体調が良いと感じていたのは気のせいだったかも・・・。
なんて暗い気持ちで一日を過ごす羽目になる。

そもそも、健康の目安となる
「標準体重」なんて、ただの「数字」でしかありません。

お相撲さんなんて、全員「成人病予備軍」になってしまいます。
世間一般に「不健康」扱いされる人が
あんなに力強い相撲を取る事が出来るっておかしくないですか?

自分が健康かどうを他人の基準で評価してはダメなんです。

自分が健康かどうかを判断するのは、
あくまでも自分でなければいけません。

自分の「感覚」が全てなんです。

今日は調子が悪いな・・・・と感じれば、
無理をしなければいい。

今日は調子が良いと感じれば、
積極的に行動してみたらいい。

私達の体は常に変化しています。
調子が良い日もあれば、悪い日もある。

調子が悪いと感じる日を長引かせずに
出来るだけ早く調子を上向きに修正を行う。

体調を上向きに修正するための方法は

  • 食生活を節制する

  • 適度な運動で循環を良くする

  • しっかりと睡眠をとる

基本的にはこれだけです。

大きく体調を崩してしまい、
自分の力では回復する事が出来ない人を
手助けするために、

整体と言う技術を使って
人間の体に備わっている自己治癒力を
高めるお手伝いをさせて貰っています。

七号食ダイエット(リセット)を実践してみて
体に余計なものを入れない事が
どんなに大切な事かを実感しています。

慢性の痛みや体の不調でお悩みの方は
七号食ダイエット(リセット)を実践することを
お薦めします。