スポンサーリンク

スマホと睡眠の質の関係

昨日、ももちパレスで整体の研修会がありました。 ももちパレスは藤崎駅前の当院から歩いて3分で行ける場所。 自宅を7時半に出て、1時間程走って職場でシャワーを浴びてから 研修会に参加。 その研修会で、外部より講師をお招きして 「電磁波」の人体への影響を学びました。 「電磁波」と言って、真っ先に思い付くもの….。 電子レンジかな?   電子レンジ 聞いた話をまとめると、 コンセントを繋いで動く家電は 「低周波」の電磁波を出していて、 電子レンジの温め機能や スマホのwi-fi機能などは 「高周波」の電磁波を出しているとの事。 太陽光や紫外線なども 電磁波の一種。 で、電磁波は体内に吸収されるエネルギーで、 人体に何らかの影響を及ぼす。   一番分かり易かった例が…. 「太陽光を長時間浴びると日焼けする。」 あ、なるほどね。 と、いう事は パソコンやスマホから出ている電磁波を長時間 浴び続ければ、人体に何らかの影響が出てもおかしくない。
  • 目が疲れて頭が痛くなる
  • 肩が凝って腕が重くなる
  • 腰が張って動きにくい
などと言った症状が出る場合、 電磁波の影響で神経が疲れて 体が緊張して出た症状の可能性があります。 そして、お話を聞く中で一番 「ハッ!!」とした事。 寝る時に枕元にスマホを置いて寝ている。 スマホ 急な電話、目覚まし代わりに いつの頃からか、枕元にスマホを置く様になった。 と、いう事は 寝ている間も体は電磁波を浴び続けている事になる。 幸い今のところ 寝付きも良く、熟睡感もあるものの、 寝ている間も電磁波を浴び続けてると思うと あんまり気持ちの良いものではないよね。 と、いう事で スマホを目覚まし代わりに使うのは止めよう。
  • 寝つきが悪い
  • 夜中に何度も目が覚める
  • 眠りが浅い
  • 熟睡感がない
そんな症状が気になる方で、
  • 寝る直前までスマホやパソコンをしている
  • 寝る時にスマホを枕元に置いている
  • 寝る時はテレビやラジオを付けたまま寝ている
この様な行動が睡眠時の習慣になっている方は 電磁波の影響で睡眠の質が下がっているのかもしれません。 寝る時は出来るだけ 家電製品を自分の近くに置かない (2m位距離を置くだけでも電磁波は弱まります) これを意識するだけでも 睡眠の質の改善につながります。 あまり神経質になる事もありませんが、 体が疲れていると感じた時は スマホや家電製品を長時間使用しないことを 心がけるのも回復力アップにつながります。 当院では自律神経の調整に特化した施術を行っています。
  • 最近寝つきが悪い
  • 夜中に何度も目が覚める
  • 熟睡感がない
  • 朝起きるのが辛い
そんな症状でお困りの方は 是非一度ご相談ください。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする