スポンサーリンク

自律神経が乱れる原因

自律神経が乱れるのは 筋肉を使い過ぎたり、精神的にストレスがかかり過ぎると交感神経が過剰に働きだし、副交感神経に上手く切り替わらなくなってしまいます。 副交感神経が機能しなくなると
  • 食べ物の消化・吸収や血液の循環など内蔵機能が低下する。
  • 寝つきが悪くなったり、夜中に目が覚めるなど回復機能が低下する。
体は常に緊張した状態で疲れやすく、回復しにくい状態になります。 しかし、人間には本来自然治癒力と言われる、自分の体を自分で治す機能が備わっています。 リラックスした状態で十分な休息を取ることで体は筋肉や神経に溜まった疲労物質を回収して排泄し、血液から新しい栄養を取り入れる事で回復します。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする