スポンサーリンク

痛風が贅沢病という誤解

痛風とは 体の中の尿酸が結晶になり、関節で炎症を起こした状態   と、言われて病院では尿酸値を下げる薬が処方されて、 概ね1週間程度で炎症は収まると言われています。   しかし、 薬で尿酸値を下げて結果的に関節の炎症が治まったとしても、   痛風の根本的な改善には至っていません。食生活でプリン体の多い食べ物を控えて 尿酸値を出来るだけ上げない様に心がける。   食生活の改善を図って、痛風の根本的な改善に 取り組んでいる様に見えますが、これも 薬を飲まずに尿酸値を下げようとする行為であり、   食生活の改善も痛風の根本的な改善には至りません。   痛風を根本的に改善するには、   尿酸値を正常値に戻す自己治癒力を高める   と、言う事が重要になってきます。   考えてみてください。   毎日の様にお酒を飲み、肉や卵、内臓といったプリン体の多い食事を 好きなだけ食べて、見た目も明らかに標準体重を超えているにも関わらず、 健康診断では全て異常なし。 痛風にも一度もかかった経験などなし。   こんな人があなたの周りに居たりしませんか?   逆に、食事には十分気を付けて体に良いものを取る様に心がけ、 運動も適度に行う。飲み会でもビールは極力避けて焼酎などの 蒸留酒でプリン体をカットしているにも関わらず、 健康診断ではいつも尿酸値が上限ギリギリまたはオーバー。 年に1~2回は痛風で1週間以上痛みに苦しむ。   どうしてこんな違いが起きるのか?   原因は、   疲労の蓄積による免疫機能の誤作動   パソコンやスマホを使い過ぎると、 熱を持って誤作動を起こしますよね?   人間の体も同じです。   暴飲暴食などによる内臓の使い過ぎ 残業続きの仕事などによる脳や神経の使い過ぎ 激しいトレーニングなどによる筋肉の使い過ぎ   状況は色々ありますが、 あなた自身の体の使い過ぎにより、体の免疫機能が 誤作動を起こした結果、   尿酸値が上がり、痛風を起こすきっかけとなった。   暴飲暴食をすれば、内臓は 食べた物を消化して栄養を吸収するために 働き続けなければならないので、 当然ですが、内臓も疲れます。   しかし、食べた後に休息を取り、 次の食事までにしっかりと内臓を休ませる時間を取れば、 内臓は疲労をためることなく、次の食事では 再び元気に働く事が出来ます。   ハードワークによる脳や神経の疲れも同じです。   どんなに仕事が忙しくても、きちんとした 休息時間や十分な睡眠時間を確保して、 疲れを溜め込まない様にしている人は 毎日ハードに仕事をこなしても、イキイキとしています。 お風呂上がりのビールで疲れを癒し、 栄養のバランスの取れた食事を摂り、 リラックスする音楽を聴きながら、ストレッチをして 明日の仕事に向けて十分な睡眠を取る。   神経や脳も翌日に疲れを残さない事が重要です。   趣味でマラソンやテニスなど 比較的激しいスポーツを趣味に持つ人にも 痛風の人が多かったりします。   マラソンでタイムを縮めたり、 試合で勝つために技術を磨いたりするためには ハードな練習をこなす必要があります。   ハードな練習は筋肉への負荷が大きく、 筋肉が激しく消耗すると免疫力は低下します。   免疫力が低下した結果、 尿酸値を十分に下げる事が出来ずに 痛風を引き起こす危険性が増えるのです。   ハードに練習をこなした時ほど、 筋肉にしっかりと休息を与えて、 ダメージを受けた筋肉が早く回復する為に アミノ酸(筋肉の栄養源)を中心とした食事を摂る。   就寝前には十分なストレッチを行い 血行を良くしてしっかと睡眠を取る事で 寝ている間に体の中に溜まった疲労を回復させる。   筋肉の疲れを長引かせない事が重要になります。   生活の環境は違えど、痛風を発症する方の共通点があります。   体の機能の使い過ぎによる疲労の蓄積空腹を感じる時間が無いほどに食べ続けた事による内臓疲労 神経の休まる暇が無いほどに働き続けた事による神経疲労 筋肉痛が常にあるほどに鍛え続けた事による筋肉疲労   体に疲労を回復するだけの十分な休息を与えなかった事により 体内に疲労が蓄積して、体の免疫機能が低下。   体の免疫機能が低下した結果、痛風を発症したのです。   痛風を発症した人に一番重要な事は   体に休息を与える事。   食生活を見直して内臓疲労の回復が必要な人 仕事の仕方を見直して神経疲労の回復が必要な人 運動の仕方を見直して筋肉疲労の回復が必要な人   痛風を引き起こした原因が人それぞれ違うので、 痛風を根本的に改善する方法も人それぞれです。   痛風を引き起こすまでの普段の生活を振り返る事で そこに痛風を根本的に改善するヒントが見つかります。   尿酸値を下げる薬を飲む事で、痛風は一時的には改善します。   しかし、痛風を根本的に改善するには   今の生活パータンを見直し、   新しい生活パターンに切り替える勇気と覚悟が必要です。   痛風に怯えながら今の生活パターンを続けるのか?   痛風との決別を決意して新しい生活パターンに切り替えるのか?   あなたならどちらを選びますか?  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする