スポンサーリンク

フルマラソンで故障しないコツは他人に教え一緒に走ること

【フルマラソンで故障しないコツは他人に教える】

・自分がお手本になる事を意識する

・故障して迷惑をかけない様に節制する

・走力が落ちない様に真面目に練習する

自分の為に走ると「欲」が出て故障しやすくなります。

「サブ4」チャレンジ練習会

と称して、「サブ4」を目指すランナーの方を

サポートする形で練習会を企画しました。

201712月の「宮崎青島太平洋マラソン」

向けて、11月より3週連続で

30kmPR」⇒「20kmPR」⇒「10kmPR

20182月の「熊本城・北九州マラソン」

向けて、1月より4週連続で

20kmBU」⇒「30kmPR」⇒「20kmPR」⇒「10kmPR

20183月の「さが桜マラソン」

向けて、34日に

20kmPR

合計8回の練習会を無事に終えました。

一番得をしたのは、

多分私です(笑

練習会を無事に終えられたので

告白しますが

1月中旬から故障してました(笑

福岡マラソン20173年振りに

サブ3.5を達成して、

調子に乗って「欲」が出て

走り過ぎたのが原因です(笑

多分練習会を企画していなかったら、

無茶をして症状を悪化させて、

さが桜は DNS になっていた

可能性が大きかったと思います。

しかし、

「サブ4」チャレンジ練習会だけは

何とか開催しようと、

・練習量を3分の1に減らした

・体重キープの為に食事を節制した

・就寝前のストレッチを習慣化した

・練習の「質」に拘った

・故障回復に合わせて負荷を上げた

自分の走力を上げる事よりも、

練習会に参加してくれる仲間の為に

自分の「欲」を手放した結果….

故障を回復させながら、

走力を上げる事に成功しました。

私が自分の走力を確認する

練習メニューの一つが

16kmビルドアップ走」です。

去年の11月に福岡マラソンを

走る直前の16kmビルドアップ走では、

平均ペースが 454/km

福岡マラソンでも平均ペースが

ネットタイムで454/kmでした。

そして、先週の16kmビルドアップ走では、

平均ペースが444/kmと、

福岡マラソン直前よりも平均で10秒アップ。

コースは一緒ですが、気象条件が

違うので単純に走力アップと捉えて良いのか

分かりませんが、

自分の中では走力が上がった感触はあります。

まあ、ここで「欲」が出てしまい、

さが桜がどの様な結果になるかは

走ってからのお楽しみですが(笑

でも、万全の状態で

スタートラインに立つ事が出来そうです。

練習会に参加して頂いた皆さんに感謝です。

旧約聖書に

「与えよ。さらば与えられん」

という言葉があります。

人は何か手に入れたいと思うと

手に入れる事ばかりを考えてしまいます。

しかし、それは

手に入れる事を遠ざけてしまう事になり、

手に入らない状態を自分から

作り出してしまいます。

手に入るのは、与えた時のみ。

与えるから手に入る。

今回の故障からの復活は

まさに

「与えよ。さらば与えられん」

だったのかな?と。

「私なんて、まだ人に教えられる

レベルではないし。」

と思う人も多いと思います。

でも、学生時代の

「部活の先輩と後輩」の関係だと

思えばいい訳です。

自分の方が、走歴が長かったり、

走力が上であれば、

自分が以前悩んでいた事に

躓いているラン仲間がいたり、

これからマラソンに挑戦しようかと

悩んでいる知り合いがいると思います。

そんな人にランナーの先輩として

自分の経験や知識を教えて一緒に走る。

それが「与える」事になります。

「与えよ。さらば与えられん」

悩んでいるラン仲間に

自分の経験を教える事を

皆さんも意識してみてください。

さが桜で「結果」を手に入れたければ、

まずは「与える」ことから

始めてみてください。