スポンサーリンク

マラソンは体調に合わせた目標設定が大切

【体調に合わせた目標設定で練習・レースに取り組む】   マラソンの練習で大切な事は 体調の良い状態でポイント練習を行う事。 しかし、疲れが溜まった状態でのポイント練習は 体調に合わせた目標設定が大切です。     仕事や家族サービスの合間を縫って 練習時間をしなければならない 市民ランナーにとって、 万全の体調でポイント練習に取り組む事は 一番の課題かもしれません。     ・接待の深酒と睡眠不足での30kmPR・子供とアスレチックで遊んだ翌日のインターバル走・海外出張帰国後翌日のフルマラソンのレース     体の事を最優先に考えるのなら、 体調不良の場合は、ポイント練習を 別の日に変更して体調の回復に努める。 と言った選択肢もあります。     しかし、   ポイント練習やレース当日の体調が悪くても この日を逃すと、次のポイント練習の時間が いつ取れるのか分からない。     ましてや、それがレースともなれば、 尚更走らない訳にはいかない。     そんな場合に、 予定していた練習メニューや レースでの設定ペースを無理にこなそうとすれば、 故障するリスクが高まります。     20kmPRのつもりが10kmで心が折れて中止・レース中盤で足が攣って失速して途中リタイア     体調が悪ければ、モチベーションも上がりにくく ポイント練習やレースの最後まで 集中力を切らさずに走り切る事は 難しくなります。     そんな時に私がいつも意識している事は、     その日の体調に合わせた目標設定     体調不良で20kmPRをする場合は、   フルマラソンで残り20kmを 如何にイーブンペースで走り切るか?     体調不良でフルマラソンに臨む場合は、   ハーフまでに如何に体調を整えるか?     終わり良ければ総て良し♪     最後がグダグダにならない様に 気持ち良く走り終える事を大切にしています。     限られた練習時間の中で いかに効率良く走力を積み上げて 行けるかが重要になります。     昨日は仕事が休みだったので、 16kmのビルドアップ走を実施。   ・高温多湿 ・寝不足 ・疲労蓄積   悪条件が重なって、 走り始めから体が重く、全くスピードが乗らない。     無理にペースを上げずに、 現状を受け入れて、 今回の練習の目的を再設定。     フルマラソン30km以降の疑似体験   <今回の課題>   重くて疲れた体で、残り16km 如何に走り切るか。     キロ545で入って、体が重いながらも 何とかキロ55秒前後で巡航。   ラスト2キロだけ気持ち上げて 446⇒420 で終了。   16km1時間213秒(Ave:5’04″/km)   体調不良でも何とかキロ5分位なら 押して行ける事を確認。     福岡マラソンまで残り1ヶ月   コンディションが良ければ、 キロ450イーブンも行けそう!?  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする