スポンサーリンク

フルマラソン完走と30km走不要論の実践報告~導入編~

30km走不要論の実践報告~導入編~】

福岡マラソン2017に向けて取り組んだ練習メニューで

今回は「30km走不要論」を実践してみました。

メイン練習は、1216kmのビルドアップ走

それ以外はジョグと、所属クラブでの練習。

 

 

私はマラソンの練習方法に正解は無いと考えています。

今回の投稿も練習法の賛否を問うものではありません。

 

 

それを踏まえて、練習方法の一つとして

参考にして頂けたらと思います。

 

 

今回、30km走(正確には30kmペース走)を

敢えて行わずにフルマラソンに挑んだのは、

昨年(2016年)の12月に参加した

 

ホノルルマラソンがきっかけでした。

 

 

昨年の5月に整体院を移転したこともあり、

201512月の防府読売マラソンを最後に

フルマラソンの練習は一時中断し、

整体院の移転の準備に追われて、

 

2016年の1月~4月は殆どノーラン生活。

月間走行距離は3050km

 

2016年の5月に今の藤崎駅前に整体院を移転して

自宅から職場までの片道10kmの通勤ランを開始。

6月~11月までは

月間走行距離は平均300km前後

1回の最長走行距離:20km10月・11月に1回)

1日の最長走行距離:20km(通勤・帰宅ラン共に10km

 

 

ポイント練習・LSD・などは一切無し。

通勤ランは キロ5506分半

 

 

フルマラソン対策の練習は一切無しで

ホノルルマラソンを走った結果。

 

 

ホノルルマラソン2016

 

ネット:4時間140

 

前半ハーフ:2時間2052秒(Ave: 6’43”/km

後半ハーフ:1時間538秒(Ave: 5’23”/km

 

自分でも予想外の42kmビルドアップ走を実現。

湿度は低いと言えど、レース当日の気温は28℃

 

自分の予想では

 

「長い距離を練習してないし、30km位で疲れて歩くかな?」

 

なんて思いながら、

 

「ま、ゆっくり気持ち良く走って、疲れたら歩けばいいや♪」

 

くらいの軽い気持ちで走り出したにも関わらず、

レースが後半になれば、なるほど調子が上がって来て

30km以降は普段の通勤・帰宅ランを上回る様なペースで走り、

ラスト2kmはスパートをかけて最速の 4’50”/kmでゴール♪

 

 

平均ペースにしてみれば、6’01”/kmと普段のジョグと変わらないペース

だったのですが、普段10kmしか走ってないのに、

失速する事もなく42.195kmを走り切ってしまった事に

私自身が一番驚きました。

 

 

それと同時に私自身に頭の中に

 

 

「毎日コツコツと走っていれば、長い距離を走らなくても

フルマラソンは完走出来るのではないのか?」

 

 

そんな疑問が湧いて来たのです。

 

 

2017年に入ってもランニングのスタイルは変わらず、

 

月間走行距離は350km前後

片道10kmの通勤・帰宅ランのみ

 

休日、たまに1520kmのゆっくりジョグ(6分半)

そんな生活が6月まで続き、

福岡マラソンの当選を機に、

7月から約1年半ぶりにサブ3.5を目指して

本格的な練習を再開。

 

 

その時にたまたまネットで

30km走不要論」を唱える練習方法に出会い、

 

 

ホノルルマラソンを完走した時に浮かんだ疑問

 

「長い距離を走らなくてもフルマラソンは完走出来るか?」

 

にうってつけの練習方法だったのです。

 

 

自分の体を使った

人体実験が大好きな私にとって、

これはまさに

 

 

やらない理由が見つからない!!

 

 

と、言う事で早々に

 

30km走不要論」の練習方法の実践が始まりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする