スポンサーリンク

フルマラソンで失敗しないコツはネガティブシミュレーション

【ポジティブシンキング ネガティブシミュレーション】

 

 

最近読んだビジネスの教材の中に

 

 

ポジティブシンキング ネガティブシミュレーション

 

 

と言う言葉がありました。

 

 

ビジネスを成功させる上で、

 

 

起こり得る問題を想像する

(ネガティブシミュレーション)

 

 

そして対策を練り、

自分の許容出来る範囲で

リスクを取りながら

 

 

積極的な行動を取る

(ポジティブシンキング)

 

 

事が大事である。

 

 

これはフルマラソンにも

同じ事が言えます。

 

 

普段、私たちは目標とする

レースに対して、

 

 

完走や自己ベスト更新な ど、

自分の理想とするレース展開を

ついついシミュレーションしてしまいがちです。

 

・当日の天候は無風で曇りの絶好のコンディション

 

・疲労抜きが上手く行き体調も万全

 

・スタート直後から体が軽く設定ペースがジョグ感覚

 

・ハーフを過ぎてもまだまだ余裕で脚もしっかり動いてる。

 

30km過ぎからは前から落ちて来るランナーをパスしてモチベーションアップ。

 

・ラスト5kmは心肺を追い込んでラストスパートをかけてゴール!

 

 

う~~ん☆まさに理想! 

これ以上はない完璧な

レース展開です。

 

 

しかし、現実問題としてここまで

完璧に全ての好条件が揃った

レース展開は

 

 

10以上走っている私でも
今まで一度もありません。

 

 

人が動揺する時は、

 

 

自分の予想が外れた時

 

 

 

7時に起床するつもりが起きたら7時半だった。

 

・お目当てのお店に到着したら「店休日」だった。

 

・急いで乗った電車が反対方向に走っていた。

 

 

などなど。

 

 

自分の行動が予定通りに進めば

問題ないのですが、

 

 

予想通りに行かなかった場合の

対策を考えていないと、

 

 

人は動揺して、思考や行動が

停滞してしまいます。

 

   

事前に問題が起きる事を想定して

対策を講じていれば、

 

 

万が一自分の行動が予定通りに

行かなくても、被害を最小限に

抑える事が出来ます。

 

 

・レース当日の天候が暴風雨だったらどうする?

 

→ビニール袋と長袖T-シャツを準備。

 

 

・疲労抜きが上手く行かなかったらどうする?

 

→最初の10kmはペース抑え目で様子を見る。

 

 

・ハーフを過ぎて余裕がなかったらどうする?

 

→補給食を早めに摂取。

 

 

30kmを過ぎてペース維持が厳しくなったらどうする?

 

→歩幅を狭めてピッチを上げる。

 

 

30km過ぎで脚に痙攣が来たらどうする?

 

20秒以内で横歩きなどの対策を施す。

 

 

レース前日までに対策を講じても、

本番では何が起こるか分からない。

 

 

スピリチュアル系の考え方では、

 

 

ネガティブな思考は

ネガティブな現実を引き寄せる

 

 

と言われます。

 

 

私の解釈は少し違って、

厳密には

 

 

ネガティブな思考に対策を

講じていれば、起こった現実を

ポジティブに捉える事が出来る

 

 

です。

 

 

起こった現実を

 

 

ポジティブに捉えるか 

 

ネガティブに捉えるか

 

 

は自分の解釈次第なので、

 

 

仮にネガティブな現実に

直面しても、

 

 

瞬時にその現実を受け入れて

今の現状を好転させるポジティブな

行動を選択する

 

 

そんな心構えが必要です。

 

 

ポジティブシンキング ネガティブシミュレーション

 

 

これを私なりのマラソン解釈で

言い換えるなら、

 

 

マラソンは問題が起こるのが当たり前!

その問題を楽しもう!

 

 

この位に楽な気持ちで

レースに臨むために

 

 

普段の練習はキッチリ頑張りましょう☆

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする