スポンサーリンク

フルマラソン完走の為に30km走をやっても良い人とダメな人

フルマラソンの練習メニューの中に 30km走があります。

簡単に言えば、
フルマラソン(42.195km)を完走するのに、
出来るだけ長い距離を走って、

フルマラソンに耐えられるだけの
筋肉の耐久力と走り続けるだけの持久力や
精神力を養う事が目的となります。  

しかし、30km走をするには、
段階を踏んでから挑戦する必要があります。

  • 20km走を余裕を持って走った人

  • 30km以上のマラニックを痛みなく完走した人

  • 一日2回以上に分けて合計30km以上を走った人

など、30km走に耐えられる脚が出来上がって無ければ故障します。

ここ数日、福澤さんの著書で提唱される

「30km走不要論」

を自分なりに色々と考えて出した答えが、  

30km走は30km走に耐えられる脚が無ければダメ!  

まあ、当たり前の事なのですが、
普段は冷静に考えられる練習計画も、

練習計画が思い通りに進まずに
大会が近づくと焦りが生まれます。

今までの練習の穴を埋めるべく、
いきなり高負荷な練習に取り組んで

「一発逆転」的な発想で、

一気に走力を上げようとする心理が働いてしまいます。

しかし、残念ながら人間の体は
段階的にしか筋力は上がりません。

筋トレを考えてみても、腹筋が5回しか出来ない人が、
いきなり30回に挑戦しても出来ないし、

仮に無理をして30回の腹筋をすれば、
翌日には筋肉痛を超えた筋膜炎という
筋肉の炎症を起こして、

今まで出来ていた腹筋5回すらも
出来ない状況になる事は目に見えています。

筋トレは瞬発系の筋肉のトレーニングですが、
持久系の筋肉を鍛えるマラソンでも同じ事が言えます。

普段の練習で5kmや10kmしか走った事がない人が、
いきなり30km走に挑戦すれば、

走っている途中で筋肉や関節に痛みが出るか、
翌日に酷い筋肉痛になる事はある程度予想がつきます。  

そう考えると、「30km走」は

レース本番前に全てのランナーが
やるべき練習ではありません。

コツコツと練習を積んで来て、
30km走に耐えられる脚をきちんと作った人だけが
実践する事が出来る練習メニューという事です。  

福澤さんが著書の中でも書いている様に、

30km走以外の練習で、しっかりとフルマラソンに
耐えうる脚と精神力を鍛える事が出来ていれば、

敢えて30km走をする必要はないと思います。  

しかし、

「転ばぬ先の杖」

「覆水盆に返らず」

人間は常に未来に不安を抱えていて、
その不安を少しでも解消するべく
行動を起こす事で安心感を得たい生き物です。

30km走を走り切る事で
フルマラソンに対する不安が少しでも軽くなるなら、
私は実践して良いと思います。

ただ、練習不足を埋めるべく

「一発逆転」的な発想で

30km走に取り組む事は「無謀」な事だと思います。

今の自分の状況や走力を素直に受け入れて、
大会当日までに出来る練習をしっかりと考える。

今までに15km以上走った事がなければ、
いきなり30km走に挑戦するのではなく、

  • 少し遅いペースで20km走をする
  • 朝15km走って、夜10km走る

  • 15km走った後に10km歩く

など、少しだけ負荷を上げた練習で自分の走力を積み上げて行く事が大事です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする