スポンサーリンク

一人インターバルをこなす3つのポイント

  •  
    ・突っ込み過ぎずにジワジワ上げる
    ・苦しくなったら大きく深呼吸
    ・今の走りに集中する
    1000mx5本(R=200m)インターバルを実施
       
    こんにちは。整体師ランニャー キジです♪
       
    土曜日の夜に箱根駅伝予選会の特集を見て、
    熱く感動(笑
       
    その勢いで、日曜日に
    一人インターバル 1000mx5本(R=200m)
       
    4’08” (1’40”)
    4’09” (1’41”)
    4’08” (1’37”)
    4’05” (1’43”)
    4’03” (1’56”)
       
    一人インターバルの場合、
    最初の1,2本目に突っ込み過ぎて、
    リカバリーもスピードを十分に落とさずに
    どんどん余裕が無くなって
    悪魔くんに囁かれて途中で止めてしまう事が多い。
       
       
    師匠には
    「インターバルはタイムを揃える事が大事」
      
    と教わったので、
       
    一人インターバルで意識する3つの
    ポイントをご紹介
       
       
    <<ポイント1>>
    ・突っ込み過ぎずにジワジワ上げる
       
    インターバル練習で1000mを
    行う場合に目標タイムを設定すると、
       
    タイムを意識するあまり、
    1本目のスタート直後に突っ込み過ぎて
    500mを過ぎた辺りから一気に苦しくなる。
       
    ここで少しペースを落として
    呼吸を整える余裕が有ればいいのだが、
    極端なペースダウンを嫌がって、
    あまりペースも落ちずに1本目を
    走り切ってしまうと、大概は
    設定タイムより5~10秒速い(笑
       
    「速く入り過ぎた!!」
       
       
    この時点で精神的余裕が無くなり、
    悪魔くん登場
       
    「同じペースでもう1本走って止めようか?」
    「インターバルと言うより刺激入れ1本で止める?」
       
    1本目で突っ込み過ぎるとロクな事がない。
    体も十分に温まってないから、
    脚の疲労感もハンパないし、
       
    「このきつさを後4本もこなすのか…..。」
       
    なんて考えると、もう心も折れる寸前。
       
       
       
    なので、1本目の最初のスタートは
    とにかく余裕をもって、目標タイムより
    10秒位遅くてもいいや~♪
       
    なんて軽い気持ちで走り出すと
    意外と設定どおりに走れる事が多い。
       
       
    そして、1本目の後のリカバリーも
    しっかり休む。  
       
    1本目を余裕をもって走ると、
    心肺機能がすぐに落ち着くので、
    リカバリーがついつい速くなってしまう。
      
       
    そうすると、2本目を走り出して中盤から
    急に苦しくなって一気に余裕がなくなる事が多い。
      
    十分余裕をもって1本目、2本目を
    走り切る事で5本完走が見えて来る。
       
       
    <<ポイント2>>
    ・苦しくなったら大きく深呼吸
       
    インターバル練習は
    3本目、4本目が肉体的にも精神的にも
    一番苦しい。
       
    リカバリー直後のスタート時点では
    呼吸の乱れも多少は落ち着いているものの、
    しばらくすれば、呼吸が段々苦しくなる。
       
       
    タイムを落とさない様に必死になると
    ついつい力みがちになって、
    動きが硬くなり、益々余裕が無くなって行く。
       
       
    そんな時は
    大きく深呼吸して、無駄な力を抜いて、
    息をとにかく全部吐き出す。
       
    力んだまま息は吐けない。
       
    息を吐けないから吸えない。
       
    吸えないから益々苦しくなる。
       
       
    この悪循環が筋肉への乳酸の蓄積に繋がって
    タイムを落とす原因になる。
       
       
    3本目、4本目はタイムを揃える事を意識するより、
    呼吸のリズムを揃える事を意識した方が
    意外とタイムがまとまり易い。
       
    1本目、2本目で体が温まっているので、
    呼吸のリズムを一定にしておくと、
    脚は自然と同じペースで動いてくれたりする。
       
    1000mの後半で呼吸が乱れ始めたら、
    大きく深呼吸してとにかく呼吸のリズムを保つ。
       
       
    <<ポイント3>>
    ・今の走りに集中する。
       
    インターバル練習で心が折れる時は
       
    意識が「今ここにあらず」
       
       
    「さっきまであんなに楽だったのに」
    「これ以上苦しくなったらペースが落ちる」
       
       
    意識が過去や未来に飛んでしまい、
    今の状況を冷静に分析出来なくなった状態。
      
       
    脳が無駄な事を考え出すと
    無駄に血液中の酸素を消費する。
       
       
    今の状況は過去の出来事や未来の予想とは
    何ら関係の無い事。
       
    「3本目に無理したから苦しくなった」
    「このままだと5本目は無理かも」
       
    なんて、考えてる暇があったら、
       
       
    今の走りに集中する。
       
       
    足に痛みがないか?
    呼吸の乱れはないか?
    腕は痺れてないか?
    腰は落ちてないか?
       
    ペースを落とさないために
    修正出来る所はないかを
    確認しながら、まずは
       
    今の1000mを走り切る
       
       
    4本目をクリアーすれば、
    リカバリーが少々長くなっても
    良いから5本目を
    気合いでスタートさせる。
       
       
    後はどうにかなる!(笑
       
       
    成功体験を重ねる事で
    自分に自信が持てる様になり、
    走りにもエネルギーが漲ってくる♪
       
       
    昨日は箱根駅伝予選会の刺激を受けて
       
    「ここが踏ん張りどころ!!」
       
    と3本目、4本目を乗り切れた♪
       
        
    でもやっぱり
    インターバル練習は
    引っ張ってもらうのが一番(笑
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする