スポンサーリンク

マラソンで失速しないコツはネガティブにイメージしてポジティブに行動する

【ネガティブにイメージしてポジティブに行動する】   不安な未来をイメージする事は悪い事ではありません。 不安な要素を消す為にポジティブな対策を練って 行動する事でどんな状況にも対応出来る 応用力を身に付ける事が最高の結果に繋がります。     マラソンに限らず、スポーツの世界では 最高の結果を出す為にイメージトレーニングを 行います。     ・オリンピックで金メダルを獲得する・決勝戦でゴールを決める・自己ベストタイムでガッツポーズでゴールする     イメージトレーニングと言うと、 最高のパフォーマンスを出している自分や 相手を圧倒する自分など、 常に良いイメージばかりを刷り込んでいる     そんなイメージはありませんか?     もちろん最高の自分をイメージする事は 大切なのですが、それだけでは 最高の結果を手にする事は出来ません。     最高のイメージだけしか想像していない場合、 そのイメージが崩れた時に どの様に対処すれば良いか 分からなくなってしまいます。     最高のイメージと共に、 最悪のイメージも想像する事が重要です。     最悪のイメージの中で起こる不安要素に 対して、自分が出来る対処方法を考えて 最高のイメージに近づけていく   イメージのすり合わせを日々の 練習の中で行う事がレース当日での 不足事態への柔軟な応用力に繋がります。     ・レース当日の天候が雨だったら?・スタート直後から体が重かったら?・レース中盤でペースが落ちて来たら?     練習で出来ない事は本番でも出来ない。     日々の練習の中で当たり前の様に 出来る事がレースの中でも生きて来ます。     昨夜はウィングフットの練習会に参加。     職場から大濠公園に向かう時点で 結構な雨脚でちょっと肌寒かった。     レース本番が雨で強風という事も 十分に考えられるので、 雨対策も兼ねての8kmペース走。     一昨日の16kmBUの時の体調不良が 嘘の様に昨夜は体が軽くて、 キロ5分から最後は4分半まで 余裕を持って走れました。     レース当日の高温多湿対策を 改めて考えないといけませんね。     雨の中、練習会参加の皆さん、 お疲れ様でした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする