膝の痛みを改善してフルマラソン完走をサポートする整体院

膝の痛みを改善してフルマラソン完走を目指しませんか?

  • 10km以上走ると膝が痛む

  • フルマラソン終盤でふくらはぎが攣る

  • スピードを上げて走ると股関節が痛くなる

  • 走った翌日は膝が痛くて走れない

骨盤と背骨の歪みが体のバランスを乱しています。

  • 長時間のデスクワークが原因で骨盤が後ろに傾いている。

  • 立ち仕事で背骨を支える筋肉(インナーマッスル)が凝り固まっている

  • 骨盤の歪みが股関節の動きに制限をかけている

体のバランスを整えて

あなたの体に合わせた理想のフォームを手に入れませんか?

初めまして。北村整体院代表であり、

現役市民ランナー 北村善彦です。 

整体師になって15年、延べ3万人のお客様の体に向き合って来ました。

2007年にフルマラソンに初挑戦してから
現在まで「生涯現役ランナー」を目標にフルマラソンを走り続けています。

市民ランナーとしての12年間は怪我(故障)との闘いでした(笑

一緒に練習しているランニング仲間にも膝や腰などに痛みを抱えて
走りたくても走れない姿をずっと見て来ました。

膝の痛み苦しむランナーを一人でも多く助けたい!

膝の痛み腰痛坐骨神経痛
梨状筋症候群足首の捻挫ふくらはぎ肉離れ
腸脛靭帯炎膝のタナ障害鵞足炎

 これらの症状の根本的な原因

骨盤と背骨の歪みが関係しています。

どんな故障や痛みでも

痛みの発生するメカニズムを知り、

背骨と骨盤の歪みを整える事で痛みは改善します。

整体の勉強会の中で

筋肉の動きや神経の伝達を邪魔する原因を取り除く技術を学びました。

ランニングは 全身の筋肉を適度に刺激して
血液の巡りを良くして体を健康に導く運動です。

しかし、 ランニングも度を越えて過激になってしまえば、
体にとってはストレスになります。

筋肉や神経にストレスがかかり続けると 筋肉や関節が硬くなり、走る動きに制限をかけます。

硬くなった筋肉や関節などで走り続けると
筋肉や関節に炎症を起こしてしまいます。

また筋肉や関節が硬いことで骨盤や背骨などの歪みに繋がります。

骨盤や背骨の歪みは筋肉のバランスを乱して
走りにも悪影響を及ぼします。

市民ランナーにとって大切な事 それは….

定期的な体のメンテナンスです

練習前後でのストレッチや走った後のアイシングなども
もちろん大切ですが、 セルフケアでは中々取り除く事の出来ない

  • 背骨や骨盤の歪み

  • 膝や股関節などの歪み

を定期的に整える事がとても大切なのです。

10kmで約10000歩

42kmで約42000歩

着地の衝撃を受け続ける足首や膝、股関節を支える靭帯を緩める事も非常に重要です。

膝の痛みを改善してフルマラソン完走を目指しませんか?

背骨と骨盤の歪みを整えて、体の左右のバランスが整えば、

フルマラソンの後半も膝の痛みを感じる事無く走る事が可能になります!

最高の笑顔でゴールしてみませんか?

フルマラソンで「サブ4」を目指すランナーの方へ

LINE@「サブ4ランナー研究室」を開設しています。

友だち追加

QRコードはこちらから

私と一緒に生涯現役ランナーをめざしませんか?

体の専門家として、同じ現役の市民ランナーとして、
出来る限りのサポートとアドバイスをさせて頂きます。

万全の状態でスタートラインに立ち、
余裕を持って走り出し、最高の笑顔でゴールする。

レース翌日からも普通にジョギングが出来る
丈夫な体を一緒に作りましょう。  

診察予約はお電話で 092-407-5696

メールでのご予約・ご相談はこちらから

※診察時間は9:30~19:00までですが、 メールやLINE@でのお問い合わせは24時間行っております。 お気軽にお問い合わせください。  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする