自分らしく生きる「13の月の暦」無料講座

【自分らしく生きる「13の月の暦」講座】 登録はこちらから
お名前
メールアドレス
パスワード
  28日 x 13ヶ月 + 1日の365日周期を1年とする   「13ヶ月のカレンダー」   をご存知ですか?   正式な名前は   「13の月の暦」   と、古代マヤ文明で使われていた   ハアブ暦(農耕暦)と神聖暦(ツォルキン)を ベースにして作り上げた全く新しいカレンダーです。   人間の体は本来、自然のリズムと調和する事で 体に備わっている <自然治癒力> が 最大限に働くと言われています。   今現在、世界中で使われているカレンダーは   グレゴリオ暦   と、言って16世紀の終わり頃から使われる様になりました。 その後、17世紀に入って、60分を正確に計れる   ゼンマイ時計が完成   午前と午後を12時間に分けた 1日24時間の人工時間がスタートしました。   12:60の比率で動く、人工時間の普及に伴い 科学が発達し、産業革命が起こり、   人々の生活が農業の生活から 工業中心の生活に変わって行ったのです。   都市に人が集まる様になり、 物々交換から労働賃金が始まり、 現代の社会へと繋がっています。   産業革命により、人々の生活が 便利になるのと時を同じくして、   環境汚染によって体調を崩す人が 増えて来ました。   医学も進歩した現代でも未だに治療法の見つからない 難病が数多く存在するのは、   本来備わっている <自然治癒力> が 人工時間であくせくと働く事で 自然のリズムとの調和が取れなくなって来ている 可能性が高いのです。   古代マヤ文明を研究していた ホゼ博士がマヤの人々が使っていた 暦の中に   13:20   という自然のリズムと調和する 比率を見つけ出しました。   人工時間から離れて この13:20の比率を使って、 自然のリズムと調和する事で 人間本来の <自然治癒力>を 取り戻そうと考案されたのが、   13ヶ月のカレンダー   であり、心と体のバランスを整える為に   13の銀河の音と20の太陽の紋章が 組み合わさって出来た260日周期の   神聖暦(ツォルキン)に13ヶ月のカレンダーを 組み合わせて作られたのが   13の月の暦   なのです。 古代マヤ文明で使われていた 暦をベースに作られていますが、   ホゼ博士の手によって 全く新しいオリジナルのカレンダーとして 1990年より使われる様になり、 今も尚、グレゴリオ暦の代わりに 13の月の暦を使い始める人が増え続けています。   もし、心や体に不調を感じているのであれば、 私と一緒に 13の月の暦を学んでみませんか?   13の月の暦を使って、自然のリズムと調和する事で 心や体のバランスが調って来ると、 自分がこの世で本当にやりたかった事が見えて来ます。   心と体の悩みが軽くなる不思議なカレンダーを学ぶ 無料のメール講座   【自分らしく生きる「13の月の暦」講座】 登録はこちらから
お名前
メールアドレス
パスワード

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする